『ファンタビ3』、予定を早めて撮影スタート!

   

魔法ワールド最新作の映画『ファンタスティック・ビースト3(仮題)。来月から撮影開始と先日報じられていましたが、それに先駆けて既に先週から始まっているとMugglenetが報じました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響と、J.K.ローリング手掛ける脚本の見直しにより、同作は度重なって撮影延期となっていましたが、現在ジュード・ロウはじめ、主要キャストがリーブデン・スタジオでの撮影に参加しています。闇の魔法使いグリンデルバルドを演じるジョニー・デップは、9月17日以降に参加する見込みです。

スタジオのバックロットには、ドイツ・ベルリンのセットが見られるとのことで、主な舞台となるブラジル・リオデジャネイロに加えて、少なくとも部分的にベルリンが登場する可能性があります。


ジョニーは現在元妻のアンバー・ハードに対し5,000万ドルの名誉毀損裁判を控えています。しかし、『ファンタビ3』の撮影と裁判が同時期になってしまっていたことから、ジョニーは8月31日に裁判延期のための書類を提出していました

Deadlineによると、この裁判延期の申請が通り無事延期が叶い、昨朝行われたバージニア州フェアファックス郡での公聴会で、ブルース・ホワイト最高裁判事は、裁判を2021年1月11日から5月3日に延期すると発表しました。しかし、これはジョニーが希望するファンタビの撮影のためではなく、未だアメリカ国内で猛威を奮っている新型コロナウイルスの影響が理由とのことです。

一方のアンバー側は、ジョニーの要求に対し9月4日に異議申立書を提出しています。もしホワイト判事がジョニーの要求を認めた場合、ファンタビと同じくワーナー・ブラザース製作で彼女がヒロインを演じる『アクアマン』続編の撮影スケジュールと衝突する可能性があると述べられていました。

それに対し、9月8日にワーナー・ブラザースの企業法務担当SVPウェイン・M・スミスから裁判所へ送られた手紙の中で、「『アクアマン2』は2021年5月31日よりも早く製作を開始することはないだろう」と書かれています。さらに、ジョニーについて「『ファンタスティック・ビースト3』の撮影はイギリスで今月始まる。ジョニーは9月17日から2021年の2月初旬までイギリスにいる必要がある。」とも述べており、近々ジョニーの渡英と撮影の参加が予想できます。

この結果を嬉しく思っているであろうジョニーは、Instagramでファンへの感謝の気持ちを投稿しました。

皆さん、こんにちは!
私の人生における非常に長く興味深い章を経て、皆さんの絶え間ない、そして忠実な応援に改めて感謝したいと思います…
私がここにいるのは、皆さんのおかげです。そして、私は皆さんのためにここにいます!
感謝と愛を込めて。
JD

@johnnydepp

映画『ファンタスティック・ビースト3(仮題)』は2021年11月12日全米公開予定。

Source: “Fantastic Beasts” 3 Finally Begins Filming, Will Take Place Partially in Berlin
Johnny Depp’s $50M Defamation Trial Against Amber Heard Delayed, But Not Because Of ‘Fantastic Beasts 3
Eyecatch image: ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 エクステンデッド版ブルーレイセット (2枚組/日本限定メイキングブックレット付) [Blu-ray]

おすすめ記事