上級魔法薬

スタジオツアー

英名Advanced Potion Making
著者リバチウス・ボラージ
出版社Merge Books
出版年1940年代
ジャンル魔法薬学

概要

上級魔法薬は、ホグワーツでN.E.W.T.レベルの魔法薬のクラスで使われている魔法薬の教科書である。新品の教科書は9ガリオンで発売されている[1]

内容

調合法

  • 生ける屍の水薬
  • 陶酔薬
  • しゃっくり咳薬
  • 万年万能薬
  • フェリックス・フェリシス 幸運の液体
  • 解毒剤

理論

ワーナー・ブラザース・スタジオツアー

Different Methods of Potion Preparation(魔法薬の調合方法の違い)

実際、古代から近代に至るまで、形而上学的な洞察を欠いた物理学は、物理的な顕現を欠いた形而上学と同じくらい満足のいくものではなかったでしょう。錬金術師たちの最も有名な目標は、一般的な金属を金や銀に変換すること(あまり知られていないのは、「スパグリック」と呼ばれる植物の錬金術)、そして「万能薬」と呼ばれる、すべての病気を治し、永遠に寿命を延ばすとされる治療薬の作成、そして万能溶剤の発見でした。

上級魔法薬

The Right Use of the Ingredients(材料の正しい使い方)

錬金術師は何世紀にもわたって名声と支持を得てきましたが、それらを追求したわけでも、魔法薬学を支配する神秘的で哲学的な思索のためでもありませんでした。むしろ、火薬、鉱石テスト、精錬、金属加工の発明や、インク、染料、塗料、化粧品、革なめし、陶器やガラスの製造、抽出&蒸留の準備など、世俗的な化学産業へ貢献するためという目的だった。 それは「生命の水 」と呼ばれるアクアヴィータの準備は、ヨーロッパ人の間で非常に人気のある「実験」だったと思われる。

魔法薬という、古代から近代に至るまで形而上学的洞察を欠いた物理学は、物理的顕現を欠いた形而上学と同じくらい満足のいかないものであっただろう。一つには、化学的な概念やプロセスを表す共通の言葉がなかったことと、秘密保持の必要性から、錬金術師たちは聖書や異教の神話、占星術、カバラ、その他の神秘的・秘教的な分野の用語や記号を借りてきたことが挙げられます。そのため、非常に単純な調合法でさえ、難解な呪文のように捕らえられてしまいました。

上級魔法薬

半純血のプリンス蔵書

旧版はセブルス・スネイプがホグワーツ魔法魔術学校に通っていた時に使用されていた。自身が所有して本には注釈を加え、表紙の裏に「半純血のプリンス」と署名している。スネイプの前の持ち主は不明。

スネイプは自身の才能を活かし、本の中に書かれている調合法よりも効果的になるよう修正をを加えた。また、セクタムセンプラレビコーパスなど、自分で考案した呪文を余白にメモしていた。

『謎のプリンス』でハリーが必要の部屋に本を隠した後の行方は不明だが、ホグワーツの戦いの間にヴィンセント・クラッブが放った悪霊の火によって破壊された可能性が高い。

呪文

第4版

1996年にロン・ウィーズリーがスラグホーン教授から借りた教科書は、前の持ち主が52ページ目に吐いていた[1]

登場作品

  • 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

脚注

[1] 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

魔法界の書籍トップ

おすすめ記事