BBC、『ファンタビ』シリーズのドキュメンタリー製作に着手ー自然史博物館とのコラボも


BBCが『Fantastic Beasts: A Natural History(仮題)』の製作を手がけることが発表されました。これはJ.K.ローリングが脚本を務めた『ファンタスティック・ビースト』シリーズに登場する神話の動物達について原点をたどり、現代の動物との関係を探求するドキュメンタリー作品となります。

日本語で『ファンタスティック・ビーストと自然史』と名付けられたこの作品は、2020年春より「Fantastic Beasts: The Wonder Of Nature」を開催するロンドン自然史博物館とコラボレーションをすることにも注目です。この企画展では、実際に生息した貴重な動物たちのみならず、ジェイコブを追いかけまわしていたエルンペントの角や、ルーピン先生の教室に飾られていたドラゴンの骨といった、魔法動物に関する品々も見ることができます。

過去には、日本でも9月から開催が決定している「ハリー・ポッターと魔法の歴史」で、同じくBBCと大英図書館がコラボレーションをし、大成功を収めました。今回の自然史展も、大きな期待が寄せられています。

ワーナーブラザースのJosh Berger氏は、「自然史博物館とBBCの自然史班と共に取り組むことができるのは非常にワクワクする。魔法界のファンと自然のファン、どちらも楽しむことができるドキュメンタリーと展示を行いたい。」と述べています。

ロンドン自然史博物館の展示は2020年春より7か月に渡って開催され、その後は国際巡回を行う予定だそう。16日より公式ホームページから予約開始です。

Source: ‘Fantastic Beasts: A Natural History’ to Look at Creatures From J.K. Rowling Stories

おすすめ記事