一番好きなハリポタ作品は?ーダニエル・ラドクリフが最もググられる質問に回答

   
Featured Video Play Icon

ハリー・ポッターシリーズでハリーを演じ、現在『Miracle Workers』のプロモーション中のダニエル・ラドクリフがWIREDのインタビューに応じました。今回の企画は「ダニエル・ラドクリフがよくググられる質問に答える」というもの。

Q. 一番好きなハリー・ポッター作品は?

A. 一番好きなのは『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2』。あと『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』も好きだ。あんまり好きな人は多くないみたいだけど。ハリーとシリウスの関係が好きなんだ。ゲイリー・オールドマンもたくさん出てくるしね。そこが好きだ。撮影中はとてもいい時間を過ごしたよ。

ダニエルは以前からゲイリーのファンであると発言しており、『不死鳥の騎士団』のメイキングでも「どのような俳優人生を送ってきたのか」など演技について相談したり、セットの片隅に座って語っている場面が印象的です。

Q.ダニエル・ラドクリフのホグワーツの寮は?

A. おいおい、そりゃグリフィンドールだよ!

Q.ダニエル・ラドクリフはイライジャ・ウッドの親戚?

A. そうであるべきなのかもしれないけど、違うよ。ハリポタのセットにイライジャが来た時、彼は僕に間違えられたって言ってたし、僕もよくイライジャに間違えられた。昔仕事で一緒になったメイク担当の人に「ヴィン・ディーゼルの映画に出てるよね?この前予告編見たよ」って言われたよ。

ダニエルは映画『アンダーカバー』の撮影中にメイクさんにそう言われたそうで、当時主演映画『フランケンシュタイン』の予告編がちょうど公開されたタイミングだったため余計に困惑したのだとか。

「ザ・グラハム・ノートン・ショー 」に出演した際にも同様の話題を振られたダニエルは、

彼には申し訳なかったよ。だって20代前半なのに、13歳の僕だと間違えられていたからね。『ハリーポッター』のレッドカーペットのために日本に行った時、ファンの誰かが僕じゃなくてイライジャの写真を持っていて、でもその時「これは僕じゃなくてイライジャだよ」って説明する時間が無かったから、写真に「僕はイライジャ・ウッドじゃなくてダニエル・ラドクリフだ」ってサインしたよ。

というエピソードも披露しています。

Q.ダニエル・ラドクリフはエマ・ワトソンが好き?

A. イエス!僕、エマ、ルパートは撮影中すごく仲良くやっていたよ。

Q.ダニエル・ラドクリフはルパート・グリントが好き?

A. さっきの質問の答えを見て。答えはもちろんイエスだよ。

Q.ダニエル・ラドクリフは嘆きのマートル?

A. 違うよ!こういう質問って、どこからくるのか気になるね。演じているのはシャーリー・ヘンダーソンだ。違う人間だよ。

Q.ダニエル・ラドクリフが発掘されたきっかけは?

A. よく言われている有名なエピソード正しいと言えば正しいけど、全部がそうという訳ではないんだ。実はそんなに面白い話じゃなくてね。両親と舞台を観に行った時にハリー・ポッターのプロデューサーが前の列に座ってて、でもその時点ではすでにオーディションに呼ばれていたんだよ。でも両親は「ダメだ」って。当初の契約内容は、7本の映画をLAで撮らなきゃいけないというもので、それは遠すぎるし反対されたんだ。でもそのあと出演本数は2本、ロンドンでの撮影に変更されて、しかもこうして劇場でプロデューサーから直接話も聞くチャンスがあった訳だし、もしかしたら運命が僕らに呼びかけていたのかもね。

Source: https://www.youtube.com/watch?v=ubNmT8FzHLo

おすすめ記事